和歌の解説

春過ぎて夏来にけらし白妙の衣干すてふ天の香具山 持統天皇

春過ぎて夏来にけらし白妙の衣干すてふ天の香具山 持統天皇

〈原文〉

春過ぎて夏来にけらし白妙しろたへころも干すてふあま香具山かぐやま

〈現代語訳〉

春が過ぎ去り、いつのまにか夏が来たようだ。香具山には、あんなにたくさんの真っ白な着物が干されているのだから。

解説

作者の持統天皇は、645年に生まれ、702年に亡くなる、第41代の天皇です。

天智天皇の娘で、父の弟、自身の叔父である、大海人皇子おおあまのみこ(後の天武天皇)と結婚します。

父の天智天皇が亡くなった後、672年に、皇位継承をめぐって生じた、大海人皇子と、天智天皇の子、大友皇子おおとものみこのあいだの内乱「壬申の乱」で、夫の軍に従ってともに戦い、天武天皇が即位すると、皇后となります。

そして、夫の死後、自ら即位し、持統天皇は女帝となります。

このとき、持統天皇は、皇室史上3人目の女帝でした(史上最初の女帝は、推古天皇です)。

百人一首で、天智天皇の作品の次に続くのが、持統天皇の『新古今和歌集』収録の「春過ぎて夏来にけらし白妙の衣干すてふ天の香具山」という歌です。

現代語訳にすると、「春が過ぎ去り、いつのまにか夏が来たようだ。(夏になると衣が干されるという)天の香具山にあんなにたくさんの真っ白い衣が干してあるのだから」となります。

上の句の冒頭、「春過ぎて」に続く、「夏来にけらし」の「けらし」とは、「けるらし」の略です。「らし」とは、推量で、「来るらしい」という意味です。

また、「白妙の」とは、「衣」にかかる枕詞で、コウゾの皮の繊維などで織った白い衣のことを意味します。「袖」「袂」「帯」など、衣服に関する言葉にかかります。

下の句の「干すてふ」とは、「干すという」という意味で、「てふ」は「という」を縮めた言葉です。

この歌の原歌は、日本最古の歌集である『万葉集』の「春過ぎて夏来たるらし白妙の衣干したり天の香具山」です。どちらも作者は持統天皇とあります(持統天皇の作品は、『万葉集』に六首が収録されています)。

春過ぎて夏来たるらし白妙の衣干したり天の香具山(万葉集)

春過ぎて夏来にけらし白妙の衣干すてふ天の香具山(新古今和歌集)

両者の違いとしては、「来たるらし」と「来にけらし」、また「干したり」と「干すてふ」の部分が挙げられます。

この「来たるらし」と「来にけらし」は、ほとんど意味に違いはなく、後者のほうが、優美な表現となっています。

もう一つ、「干したり」と「干すてふ」では、「干したり」のほうが、実際に干している情景をはっきりと描くことになり、より写実的になります。

和歌に登場する「香具山」とは、大和三山と呼ばれる三つの山の一つで、持統天皇即位後に遷都した藤原京から、東南の方角にある香久山を眺め見て詠んだ歌です(参照 : 香具山|かしわら探訪ナビ)。

藤原京は、中国の都城制を模して造られた日本初の本格的な都城でした。持統天皇が飛鳥から藤原の地に都を遷したのは694年のこと。新たな都の造営は、亡き夫・天武天皇を意志を受け継いだ中央集権国家の確立には欠かせない一代事業でした。

出典 : 藤原京|かしわら探訪ナビ

香具山の他に、畝傍山うねびやま耳成山みみなしやまがあり、平城京に移るまでの日本の首都だった藤原京は、この三つの山に囲まれていました。

香具山には、天から降ってきたという伝説があり、天の岩戸の神話の舞台にもなっています(参照 : 天の岩戸と七本竹|奈良のむかしばなし)。

また、甘橿明神あまかしみょうじんという神さまが存在し、人間の言動の真偽を確かめるために、香具山で神水に濡らした衣を干したという伝承もあります。

他にも、畝傍山を女性に見立て、耳成山と香具山が奪い合ったという話も残っているそうです。

香具山は、神聖な山として「天の」という言葉が冠につけられ、神事用の衣を干すのにふさわしい場所とされていました。

香具山で干されている「白妙の衣」とは、季節の変わり目の衣替え説や、初夏に咲く卯の花の比喩という説もありますが、この神事のときに着る斎衣さいいが干されていた、という指摘もあります。

持統天皇は、藤原京から香具山を眺め、夏になると干されるというこの白い衣の並んでいる光景を眺めながら、夏の訪れを思ったのでしょう。

また、季節の推移を詠むという意味だけでなく、四季が滞りなく巡るということは、すなわち、季節を支配する天皇の政治がうまくいっていることの証でもあったようです。

こうした点からも、この歌は、ただの季節の訪れというだけでなく、天皇の為政者としての姿を描いたものでもあり、だからこそ、百人一首でも、一番最初の天智天皇の次に持ってこられたのでしょう。